· 

誰かに振り回されてしまう方の思い癖

いつも相手の言葉や行動に振り回されてしまいがちですね。その言動が脳裏に焼き付いて離れないとか、あるいは相手に嫌われないようにとか、どうしてそんなことするのかと相手の言動の理由を考えてしまう…など。

 

自分が行動する理由が、相手の反応や機嫌がよくなるために神経を注いでしまっていることがあります。

 

そうなると大変で、相手の言葉はもちろんのこと、相手の顔の表情やしぐさ、声のトーン、雰囲気まで言外の情報から読み取ろうと神経を張り巡らし、次の自分の反省へとつなげてしまうのです。

 

こうなると持久戦・消耗戦。時間が経つにつれて、相手の心はつかめないまま、自分は翻弄され、疲弊していくという結果になりがちです。それでも更に相手に尽くそうとがんばってしまうのです。こうなってしまうと、精神的にも苦しく、時に孤独へとドンドン追い詰められていきます。

 

ネガティブ思考になって、同じようなネガティブなエネルギーを引き寄せて、負のスパイラルに陥ってしまうパターンがたくさんあります。

 

本当なら自分の費やしたエネルギーも時間も他に転換できたらよいのですね。

 

相手が良くなるようにと思いやりの気持ちを持つ方々は、天使だった時の記憶が影響しているそうです。しかも最近は、その心優しい方々はあちこちで振り回され、大変な目にあっている感じがします。

 

それでも相手の方が認めてくれたり、受け入れてくれたりすると、費やした時間もかけた愛情も報われます。でも大抵の場合、相手は全く意にも介してもらえないので、どうして!と怒りと後悔が積もり積もってしまうのも自然な事と思います。

 

自分の頭の中で繰り広げられるネガティブ思考の中では、過去の出来事は後悔の連続で、相手はどんどん困ったさんになってしまいます。そうなると、自分の本音はますます言えないし、そこからもなぜか逃げれなくなっていくのです。

 

こんな風に相手に振り回されてしまっているパターンの多くは、その相手に受け入れてもらいたいという気持ちがあるかもしれませんよ。

 

「だったらいいな」というような思い入れもエネルギーとして、無意識を通してしっかりと相手に伝わっています。「思い」が「重い」になってしまったら嫌ですね。そうなる前に自分の「おもい」をまず解放しましょう!

 

人生の中で、ご家族の中や成長過程、周りの環境が変わっても、同じようなことが起こり続けているとしたら、それは自分の魂のパターン、思い癖です。もう自分にとって終える必要のある思い癖です。

 

パターンには気づいているけれど、やめられない、ダメと分かっていてもやってしまう…

 

これが思い癖。しつこい感じがしますが、それでも気づいて受け止められるというのは、とても貴重で尊い気づきです。そこからがスタートです。。。

 

このしつこい思い癖を、天界のヒーリングRで癒しながら魂から納得して、自分はこういうパターンで自分を苦しめてきましたと天界の源で受け入れていくと、地上でのしがらみからも解放され、自分も相手も受け入れられていきます。

 

起こっていることにはすべて意味があるのですね。

 

天界のマスターになられたマザーテレサの言葉を見つけました

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。