· 

人生プラスマイナスゼロ

soap bubble

数年前に再植した歯を、先日やっと抜くことができました。

 

結構大変な道のりでした。今年に入ってからずっと歯医者通い。


加えて2ヵ月ほど前から、

「この歯はおかしいから抜いてほしい」とお願いをしていたのです。でも先生曰く、「見た目悪くなってない」と拒否されていました。

拒否されるために歯医者へ通う不思議なパターン。


自分の変な思い癖なのかもとも悩みました。

悩んでみても歯の具合悪さはどうしようもなく、かといって自分で引き抜くわけにもいかない。

 

歯医者に行けば、デジャブか、舞台稽古かと思うくらい、お互いに、同じセリフを毎回繰り返しているので嫌になってしまいました。

 

今日こそ抜いてもらおうと固い決意で挑んだその日に、その思いが伝わったらしく、「じゃあ、抜きましょう」と一言。…脱力…

 

抜歯してみると…歯茎に隠れた内部の半分がもうダメになっていて、抜くのは数秒。かなりあっけない。
抜いた後の方が大変で。もっと早く抜歯してほしかった!

 

去年の後半から、次から次へと今までなかったようないろんなことが起こるので、翻弄されてばかりいました。。

 

でも、この抜歯で流れとか何かが終わって変わるとふと思う瞬間!


歯に関することは、ご先祖様や天界からのサインと言いますから、そのサインを待ちたいと思います。

 

ニュースを見ても、身近でも、今年は“変わっていく”という流れが強いですよね

 

気持ちとか、状況とかもそうですし、物理的にも、古いものが新しくなったり、
年も変わって、季節も変わって、和暦も変わって、気候も変ですし

 

こんな感じの節目には、

「人生、プラスマイナス、ゼロだよ」というフレーズを思い出します


子供の頃周りのいろんな大人達から何度も言われていました

 

その後長い昔話が始まる合図のようなフレーズ
また同じ話の繰り返しだったりするので、また始まった…という感じで、話を聞き流していました

 

まだ小学校入って間もない頃私に、どうして人生の最期の時の話なのか不思議だなと思ったのですが
それでも、今になると、なるほどねーなんて思いや懐かしさも漂うフレーズです。

 

良すぎることがあったら、それが儚いことと知っていれば、自分を律して有難く生きていくしかないし

 

先が見えないほどの困難があったら、今度は魂磨きの時間が来たと思って、覚悟を決めて全力で誠実に向き合う。
そのうち流れが変わって、良いことが起こる(かもしれない)

 

きっとそんな感じのことを言いたかったのかなと今は受け止めています。
その後どんな話が続いていたのか!もっとちゃんと聞いていたら良かった。