· 

心に残ったフレーズ

sparkling green

今はどこもかしこも35度の連日の日々かと思えば、超大型台風襲来など夏の日本は試練の季節。


あらゆることがネクストレベルに入った感じがします。

 

とある時、会話の中での「最近毎日寝ている時にお経をあげている声が聞こえる」というフレーズが心に響きました。


そうです!8月はお盆の季節、ご先祖様をお迎えする月です

そして、最近何心にモヤモヤしていた感覚は、ご先祖様からのアピールだと思うとスッキリ。


感謝を込めてホワイトイーグルの昇天の儀式、ミディアムシップの月ですね

 

日々ご先祖様方に天界の愛と光を注いでいますが、日常の事柄などに心が囚われがちな私の姿をみて、そんなんでよいのか!もっともっとピンと天界に集中するようにと言われた気がしました

 

ご先祖様や魂の世界を感じる時はいつも、天界の学びで学んだ、魂の世界のことについて思い返す時間になります

 

その学びとは…たくさんありますが、魂が天界に戻る時の様子について天界のマスター方が教えて下さったこと…


魂が天界に戻る時、その時の魂の状態によって違うそうです。自分の魂の状態つまりレベルにあった魂の世界の所に天使達に導かれていくというのです。

 

その時が来るまでに、要らない思い癖、今世で手放そうと思っていた思い癖は終わらせたいものですね。

 

そうは分かっていても、思い癖を手放せず、それそこ分かっちゃいるけどやめられないのも思い癖です。自分の気づかないところにいつも潜んでいます。

 

本棚で小澤竹俊著「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」という本を見つけました。

 

ペラペラめくると「もし今日が人生最後の日だとしたら、あなたはどう生きたいですか」と本書冒頭に問いかけられます。

 

思い癖に悩んでいた当時、似たようなフレーズを自分自身に問いかけておりました。


本当に今日が人生最後の日としたら・・・思い癖に振り回された苦しい魂のまま天界に戻ることになったとしたら…?

 

いつものように明日が来て、明日なら手放せるかもしれないと願いながら手放せる日までがんばろうと思っている矢先に、天使達が目の前に突然現れて、

 

「時間切れです。今日は人生最後の日でした。明日天界に戻りますよ」

 

と言われたら…どうする??

 

それこそ悲劇でしかありません!そんなつもりじゃなかったんですとはいかないでしょうね。。。

 

要らない思い癖を今日はできなかったけど、明日こそ手放そうと思っていたのに、その明日に天界に帰るなんて!

 

こんな思い癖にまみれたまま天界に戻ってしまったら…こんな悲劇的な魂の状態と見合った魂の世界の所に帰ることになってしまう

 

・・・こんなはずじゃなかったと後悔してもしきれない・・・

 

もうすぐにこんな思い癖は手放します!


こんな風になるのが分かっているのに何で手放さなかったんだろう。

 

こんなになるまでどうして手放さなかったんだろう!って。

 

思い癖に振り回されていろいろ考えていた頃のちょっと極端な妄想ストーリでした。

 

だからと言ってパッと手放せたわけじゃないけれど、それでもその後天界と天使達のサポートを頂きながら、昨日より今日、今日より明日少しでも良くなるようにと思いながら今に至ります。

 

今でも心に残るフレーズだから、きっとその時の私に必要だったのだと思います