ひとりごと

ひとりごと · 2018/03/22
ホームページ用のバナー作ってみました。フレーズの部分は旧ホームページの副題を参考にしてみました。 結構大変だったのに白枠が見えないですね。

ひとりごと · 2017/12/30
2017年もどうもありがとうございました。 今年も学びと感謝の年でした。いつも繰り返し来る思い癖、パターンも幾度となくやり直しながら天界のサポートを頂きながら手放していく…自分の大きな思い癖もクライアント様と一緒に手放していったような感じがします。感謝の1年でした。...

ひとりごと · 2017/11/05
「君たちはどう生きるのか」という本の特集に興味を惹かれ、また本屋さんに行ったら出会ってしまった!ので思わず買ってしまいました。初版は1954年。 この本が出版された80年前は、言論の弾圧で何も言えない時代。著者の吉野源三郎氏は、すべての書物は検閲されるけれども、児童文学ならば、子供向けならば書けるということで、出版したそうです。...

ひとりごと · 2017/09/22
久しぶりの歯医者に行ってきました。今のところ大丈夫そうです。この奥歯が根付いたかわかるのは数か月後。何しろこの歯が独り立ちできるまで大事にすることしかできないようです。...

ひとりごと · 2017/08/31
奥歯の手術して1週間ほど経ち、糸で仮止めしていたものがワイヤー固定になりました。手術中、歯の担当の大天使デンテルも呼び、準備はしていたので、手術は大成功でした。手術時間は、30分くらいで終わり。麻酔もあり、痛みはなし。...

ひとりごと · 2017/08/09
奥歯がどうにもしょうがなくなって歯医者に行ったら、手術を勧められました。それは、歯を一回抜いて、治療して、また戻す…簡単に言うとこんな感じの手術を提案されました。...

ひとりごと · 2016/12/16
以前に中古で買った手塚治虫先生の『火の鳥』を読み始めていて、やっと4巻目『鳳凰編』を読み終わりました。手に汗握る物語ばかり!この4巻目は、奈良時代の我王と茜丸という二人の彫物師のお話です。...
ひとりごと · 2016/12/04
何年前に買ったのか忘れてしまいましたが、手塚治虫先生の「火の鳥」を読み始めました。中古を発見しては買ったからか、表紙がまちまちです…その時は意気込んで買い込んだのに!(>_<) 火の鳥かわいい過ぎます!もちろん、神々しい天界の火の鳥で、恐れ多い存在なのですが、手塚先生の描かれる火の鳥は本当に素敵です。...
ひとりごと · 2016/11/03
近所の方々やおばさま達と話す機会が何度かあると、いろいろなビックリするような話をたくさん聞きます。 その中でも一番の驚きは、集団とか団体のトップとしての肩書を持つとなかなか辞めず、文字通り生命が尽きるまで、どんなに周りがやめろと運動してもその座に座り続けるという話。...

ひとりごと · 2016/07/15
このコラムの下書きにやなせたかし先生が永眠された時に書いたものが残っていました。 やなせ先生の素敵な詩があったので、そのまま投稿しました。 2013年10月13日に永眠されたやなせたかし先生。その時のテレビの特集でやなせ先生の偉業や大変だった時代等紹介されていました。やなせ先生は詩人でもあったと、恥ずかしながら初めて知りました。...

さらに表示する